中古DVD/キーロフ・バレエ「眠れる森の美女」」(バレエDVDコレクションVOL.31 )【冊子なし】 [dea31]

中古DVD/キーロフ・バレエ「眠れる森の美女」」(バレエDVDコレクションVOL.31 )【冊子なし】 [dea31]

販売価格: 900円(税込)

重み: 120g

数量:
●種類:中古DVD(ディアゴスティーニ バレエDVDコレクションシリーズ)
●商品の外観:ケースに多少スリキズがありますがディスクはきれいです。
●付属冊子:画像はイメージです。お送りする商品に冊子は付きません。

●ストーリー
フロレスタン王の宮廷では、ひとり娘オーロラ姫の洗礼式が祝われています。リラの精をはじめとする妖精たちも招かれ、姫に贈り物をします。そこに激怒した様子の邪悪の精カラボスがやってきました。ただひとり招かれなかったことを恨んだカラボスは、オーロラ姫は編み針を刺して死ぬだろうと、呪いをかけます。リラの精は、姫を守ることを約束し一同を安堵させます。時は流れオーロラ姫は16歳、美しく成長しました。盛大な祝宴が開かれ、花婿候補の王子たちが姫と踊ります。そこに見知らぬ老婆が現れ、姫に花束を渡します。花束には針が隠されており、姫はその針を指に刺して倒れてしまいます。老婆はカラボスだったのです。リラの精は、死の呪いの効力を弱め、姫そして王国全体を長い眠りにつかせるのでした。百年がたちました。森にデジレ王子の一行が狩りにやってきます。一行と別れひとり憂鬱な気持ちにとらわれていた王子の前に、リラの精が現れ、オーロラ姫の幻影を見せます。王子は、リラの精とともに姫が眠る森の奥の城へと向かい……。
解説
絢爛豪華で壮麗な『眠れる森の美女』は、作曲家チャイコフスキーと振付家プティパが協力して生み出した大傑作であり、プティパ・バレエの集大成といえる作品です。バレエを愛した太陽王ルイ14世の宮廷をイメージした大規模な歴史絵巻となっています。この作品を初演したマリインスキー・バレエが上演しているのは、オリジナルに近い形のK.セルゲイエフ版。ほかの演出では省略されることの多い部分も残されています。主演のイリーナ・コルパコワはオーロラ姫役で一世を風靡したプリマ、優美で気品ある踊りで魅せます。

●出演:
オーロラ姫:イリーナ・コルパコワ
デジレ王子:セルゲイ・ベレジノイ
リラの精:リュボフィ・クナコワ
カラボス:ウラジーミル・ロプホーフ
ダイヤモンドの精:ガブリエラ・コムレワ
ほか、キーロフ・バレエ
●振付:マリウス・プティパ
●演出:コンスタンチン・セルゲイエフ
●音楽:ピョートル・チャイコフスキー
●演奏:ヴィクトル・フェドートフ指揮キーロフ歌劇場管弦楽団
●収録:1982年11月キーロフ歌劇場(現マリインスキー劇場)