平林正司著/バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まで

平林正司著/バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まで

販売価格: 800円(税込)

重み: 676g

本の厚みが3センチギリギリですのでゆうメール・クリックポストでの発送は緩衝材無しでお送りします。

●種類:中古本
●初版発行年度:2000年
●ページ数:410ページ
●新品定価:4,320円(税込)
●商品の外観:カバーに少しキズ、若干の日焼け、薄い汚れが何か所かあります。本文はきれいです。

●内容:オペラとバレエの殿堂「パリ・オペラ座」で、ロマン主義運動の一環として創作された「バレエ・ロマンティック」を中心に、代表的な台本20編を世界で初めて翻訳。バレエ愛好者と十九世紀フランス文化研究者の必読書。

●目次:
オペラ座におけるバレエ・ロマンティックの盛衰
『ラ・シルフィード』
『跛の悪魔』
『ダニューブ河の娘』
『タランチュラ』
『ジゼル、またはウィリたち』
『ラ・ペリ』
『パキータ』
『妖精たちの代子』
『ジェンマ』
『海賊』
『エルフたち』
『蝶々』
『泉』
『コッペリア、または琺瑯の眼をした娘』
『シルヴィア、またはディアナのニンフ』
『イエッダ』
『ラ・コリガヌ』
『ナムナ』
『夢』
『エトワール』