佐々木涼子著/バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まで

佐々木涼子著/バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まで

販売価格: 1,000円(税込)

重み: 515g

数量:
本の厚みが3センチギリギリですのでゆうメール・クリックポストでの発送は緩衝材無しでお送りします。

●種類:中古本
●初版発行年度:2008年
●ページ数:358ページ
●新品定価:3,240円(税込)
●商品の外観:カバーに少しキズ、ごく薄い汚れおよび小口(本を閉じて見えるページのサイド部分)に
少し汚れがあります。本文はきれいです。

●内容:バレエはどこで誕生し、いかにして“バレエ”となったのか。舞踊評論の第一人者である著者が、宮廷バレエから20世紀までのフランス・バレエ史をひも解き明らかにした、バレエ史の決定版。バレエはフランスで誕生し、フランス文化によってこそ育まれた——。

●目次:
第1章 宮廷バレエ
第2章 名手の時代
第3章 ロマンティック・バレエの開花と衰退
第4章 20世紀

●著者について:
佐々木涼子[ササキリョウコ]
金沢生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京女子大学教授。マルセル・プルースト、舞踏論を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)